日本における海外FXの現状と海外FXの詐欺を見抜きリスクを回避する方法とは

日本では近年国内FXよりも簡単に審査に通るとして人気を集めているのが海外FXです。もともとFXは株式などの投資方法と比べ気軽に始めやすい副業として近年注目されています。

気軽に始められる反面、詐欺被害などのケースも報告されています。実際には、安全な優良業者も数多く存在するので、インターネットなどで口コミや星などによる評価を参考にしてみるのが望ましいです。

日本国内におけるFXなどの海外系投資に関しては、金融庁が厳しく監視しているのが現状です。例えば、バイナリーオプションの場合は、多くの投資家が安全性のある会社で登録して動画などで実際の取引状況を紹介しています。そこからもわかるように海外FXでの取引自体は違法行為ではありません。

多くの業者が海外に本社を構えているため、登録前にはどのライセンスを取得しているかを確認する必要があります。金融ライセンスの一覧からインターネットで検索することが望ましいです。

基本的なライセンスの確認が終わったら、次に注目すべきは「事業歴」です。これは登録を希望しているサイトがどのくらいの期間運営されているのか、過去に「出金拒否」などのトラブルがないかを確認するのに有効な方法です。他にも、経営面からの判断も必要になります。

投資家が常に経営情報をチェックしていることから、口コミなどをきにして運営している業者がほとんどです。知らぬ間に撤退しているなんてこともあり得るため、ニュースなどをチェックしておく必要があります。業者の安全性を位置付けることは、情報公開が多いことです。

これは、一般的に仕事を獲得するケースでもそうであるようにプロフィールやライセンスなどを公開することで信頼感が増します。ライセンス以外のプロフィールのチェックもするのが望ましいです。こうした下準備が詐欺被害や損失などのリスク回避につながります。日本の金融庁が警戒している点は、詐欺被害以外にもあります。「国内FX業者の反応」と「納税」です。

国内FX業者の反応とは、主に「レバレッジ」についてです。国内ではレバレッジに関する規制がありますが、業者からは「規制解除」に関する反発が出てくる可能性があります。次に納税についてですが、中には「国内で得た利益ではないので税金を支払う必要はない」と考えている人がいる可能性があるため、最終的には「脱税」という形につながってしまうのではという危機感をもって注視しているのです。

SNSでもご購読できます。